ウォーターサーバーのRO水って?

ウォーターサーバーに詳しい人は「RO水」という名前は聞いたことがあると思います。
RO水とは0.
0001ミクロンという超微細な孔があけられたフィルターで濾過した水で、逆浸透膜とも呼ばれています。
この孔の大きさは、水の粒子は通れますがイオンや塩分などの不純物は通れないので、極限に近い純水を取り出すことができます。
このRO膜をで濾過すれば、ダイオキシンやトリハロメタンだけでなく、放射線ヨウ素やセシウムなどの環境汚染物資も除去できるので、安全、安心な水を確保することができるのです。
ウォーターサーバーメーカーでもRO水を採用している業者が多いのですが、RO水は、ほぼすべての不純物を排除しているので、「湯冷まし」のように味気がありません。
そのため、RO水にミネラル分を添加して出荷しているウォーターサーバーメーカーもあります。
宅水便のキララ評判は?安全性を口コミ中!【コストはどれくらい?】