非常時のヒヤリハットの意味とは?

「一件の重大なトラブル・災害の裏には、29件の軽微なミス、300件のヒヤリ・ハットがひそんでいる。
」と言います。
その一部でもあります。
まさにこの言葉が、現在の多発する医療ミスのことを言っているように思えますよね。
(汗)医療における「ヒヤリ・ハット」の意味は以下の通りです。
(以下参照)。
もっと、簡単に言いますと、人がふいに小さなミスしても、それが運良く、医療ミスなど大事に至らなかった事例のことですね。
これを言います。
患者は間違った薬を渡されます。
しかし、それを飲んでも健康被害はおきませんでした。
それで、その医師は、間違ったにも関わらず、患者からのクレームもなく問題にもされません。
(汗)。
これは、大事に至らず良かった場合のことです。
違う患者さんだった場合は、今回の様に健康被害がおきなかったかと言うと、そういう場合ばかりではないようですね。
(汗)運良く、何も起きなかっただけと考える方が良いと思います。
(笑顔) このような個人レベルのヒヤリ・ハット事例を報告し合いましょう。
そして、共有することですね。
それで医療ミスを防ぐ事ができると考えられています。
(笑顔)ニアミスが続くと大きな医療事故、医療ミスにも繋がることがあります。
このように、「ヒヤリ・ハット」の事例を記録し蓄積、または共有することです。
それが、医療事故、医療ミスの予防、防止に役立てられると言うことです。
そう思います。
(笑顔)『ヒヤリ・ハット』厚生労働省が発表している「リスクマネージメントマニュアル作成指針」にも定義されています。
災害備え非常食