コスパで家庭用脱毛器を選ぶならどれが一番良いのかな?

脱毛器でムダ毛を処理しているという女性もたくさんいるのではないでしょうか。

従来の脱毛器はあまり性能が良いとは言えず、あまり効果がなかったり、安全的な面で心配なものがたくさんあったのですが、最新のものは遥かに性能がアップしています。

高性能になった脱毛器を使えば、たとえ毛が濃くても完璧に脱毛できるのです。

ヒゲの脱毛をしたいと考えている男性にオススメなのが家庭用脱毛器です。

もちろん、脱毛サロンや医療脱毛もオススメですが、美容サロンに行くのには勇気がいる...という方も多いでしょうし、休日に脱毛サロンに行かなければいけないということにストレスを感じる人もいるかと思います。

家庭用の脱毛器だったら、人の目を気にすることもありませんし時間に縛られることもなく、空いている時間で自由に脱毛することができます。

また、脱毛サロンや医療脱毛に通うとなると、費用が10万円以上になってしまうことも珍しくありませんが、脱毛器だったら1万から3万円程度で売っていますし、脱毛効果が高いと話題のケノンでも7万程度です。

ちなみにケノンはヒゲ脱毛もできますよ。

脱毛器で永久脱毛をやってみたいと考えている人も少なくないかもしれません。

脱毛器の種類には脱毛クリニックで使用されているレーザーを使うタイプのものがあります。

しかし、安全面を考慮して出力を弱めなければならないので、残念ですが永久脱毛することはできません。

永久脱毛がしたい場合、専門のクリニックで医療脱毛を行うといいでしょう。

パナソニックの脱毛器といえばソイエですよね。

最近主流の脱毛器はだいたい光脱毛が採用されていて、毛母細胞を破壊することで生えにくくすることができます。

一方のソイエはというと、ムダ毛を引き抜く脱毛器です。

ムダ毛をそのまま引き抜きますので、脱毛できることは確かです。

しかし、残念ながらそれは一時的なものでしかありません。

確かに、1週間程度はツルツルを維持できるかと思いますがしばらくするとムダ毛が普通に生えてきます。

一時的でもムダ毛は生えてこなくなるので効果はあるといえばあるのですが、ソイエは無理やり毛を引き抜くので強い痛みを伴いますし出血することも珍しくありません。

脱毛器を買いたいなと思っていても、効果がなかった時のことを考えると躊躇してしまいますよね。

安いものは数千円で売っているものもありますが、高いものだと5万円以上するものもあります。

メーカーによっては、全額返金保証制度がある場合もありますが、大半のメーカーでそういったサービスは付けていません。

また、全額返金保証を受けるには、火傷をしたなどの理由がないと保証が受けられなかったりもするので、全額返金保証制度があるからといって、無条件に返金してもらえるとは思わないでおきましょう。

それでは、何を基準に選べばいいのか分からないかと思います。

基準にすべきは口コミです。

ただし、口コミもサクラが起用されている可能性がありますので、良い評価悪い評価、いずれも目を通すことが大切です。

また、体験談などを実際に買って購入している人の意見も参考にしましょう。

お風呂対応の脱毛器もあります。

バスタブに浸かると毛穴が開きますよね。

その時に脱毛器を使えば痛みも楽になりますし、どんなに抜け毛が飛び散ってもシャワーできれいになります。

脱毛器ごとに電池の消耗時間が短くなる場合もあるので、繰り返し使用ができる電池を使用した方がいいかもしれません。

「きれいなおねえさんは、好きですか。

」90年代から2000年初めにかけて話題になりましたね。

パナソニックのCMで使われていたキャッチコピーですね。

美容家電なのにもかかわらず、男性を意識したキャッチフレーズが話題になりました。

きれいなおねえさんの要素として、凛とした美しさ・愛しさが重視され歴代のきれいなおねえさんには松嶋菜々子さんや仲間由紀恵さんが起用されています。

パナソニックの脱毛器といえばソイエが有名ですが、最近は光エステという光美容器が登場しました。

光エステは6年連続量販店No.1を獲得しています。

ボディ用、フェイス用、ビキニライン用の3種類のアタッチメントが付属しているので、これ1つあれば全身のムダ毛をケアすることができます。

ちなみに男性も使用することはできますが、ヒゲには効果がないとのことです。

毎日の無駄毛処理から解放されたい、水着を着るので無駄毛処理をきちんとしたい。

そんな方におすすめなのが家庭用脱毛器です。

ただし、家庭用脱毛器であれば何でも良いというわけではありません。

家庭用脱毛器を買うなら、脱毛サロンでも採用されている光脱毛と呼ばれるタイプの脱毛器がオススメです。

ソイエなど、毛を引き抜くタイプの脱毛器は、光脱毛と違って無理やり毛を引っこ抜いているだけですので、次第に生えてこなくなるという原理はありません。

また、ノーノーヘアーという脱毛器は毛を熱線で焼き切るタイプの脱毛器ですので、カミソリで処理するのとやっていることは一緒ですので当然伸びてきます。

おうちで使える脱毛器は、いずれカートリッジ交換をしなくてはいけないものもたくさんあるため、購入する際は、留意すると良いでしょう。

維持費のことを気にしないで購入してしまうと簡単に脱毛することが難しくなります。

カートリッジ式でないタイプの脱毛器が良いのかと思う方もいるかもしれませんが、本体自体の交換が必要になるので何度も使用することで金銭面で損だと考えられます。

参照:ノーノーヘアは使えない?本音の口コミ大公開!【家庭用脱毛器の評判】

動作音の大きさは脱毛器ごとに違うので、音が大きいものを選んでしまうと騒音に感じてしまう可能性があります。

アパートに住んでいる場合、深夜に脱毛すると隣の住民に迷惑となることもあるので、配慮しましょう。

音が大きいのが嫌いであれば、なるべく動作音の小さなものを買うようにしてください。

センスエピはイスラエルの美容技術者が開発した家庭用の光脱毛器(フラッシュ式)です。

これひとつで5万発照射可能で、カートリッジ交換が不要のため初期コストだけで済む点が特徴です。

出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。

フェイシャル脱毛もできます。

センスエピシリーズはどれも握りやすく、とくにセンスエピGは小さい本体が特徴。

スイッチも押しやすいところにあるので、首筋や自分で見えない位置でも落としてしまうこともなく、脱毛しやすい形状が評価されていますが、本体写真でもわかるように小さなヘッドで照射範囲も狭いため、どちらかというと細かいところ(口周り、こめかみ近く、指など)にじっくり取り組みたい方向けなのではないでしょうか。

ですから、照射面積の広さを謳った他製品と比べると、広い範囲の処理は時間がかかってしまいます。

脱毛器を入手しようと考えた場合に、最初に気になるのが値段ですよね。

基本的に、脱毛器イコール高いというイメージがあり、生活に余裕のある人しか買えないと思っている人が大半です。

脱毛器といってもピンからキリまであるので、値段の差もたいへん異なります。

安価なものであれば2万円台で買えますが、高いものなら10万円はします。

脱毛は痛いから嫌だと思っている人はいませんか?確かに毛抜き抜こうものなら、泣けてしまう程痛いときがありますよね。

ガムテープなんてもってのほかです。

ソイエなどの無理やり毛を引っこ抜くタイプの脱毛器も当然痛いです。

最近はワックス脱毛も人気ですが、こちらも無理やり毛を引き抜くタイプの脱毛法ですからやっぱり痛いです。

だったらフラッシュ脱毛も痛いのではないのか?と思うかと思いますが、無理やり抜く脱毛法と比較すれば全然痛みはないと思います。

光を照射しますから、若干の熱さを感じることがありますが、保冷剤で照射部分を事前に冷やしておくことで、痛みはほぼ感じなくなります。

痛みを感じるということはそれだけ肌に負担をかけているということですから、無理のない脱毛をおすすめします。

TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」は、ムダ毛に熱を伝えて処理するサーミコン方式の脱毛器です。

除毛ですが、家電比較サイト等では脱毛器と一緒にカテゴリー分けされています。

ムダ毛に電線の熱を伝えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、髪の毛が焦げたときのような、独特の臭いがあります。

テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、厳密に言うと脱毛ではないとか、ニオイがあるだけで効果が得られなかったという意見もたくさんあるのが気になるところではあります。

良いほうのクチコミを見ると、いままでカミソリや毛抜きを使っていた人の中には、肌に刺激がなくて快適であるとか、継続的な使用で、それなりの除毛効果は得られたという人もいるようです。

家用の脱毛器は毛抜きよりは、肌に負担をかけない方法です。

永久脱毛が可能だとする製品もありますが、レーザーは基本的に医療機関でしか使えない規則になっているので、永久脱毛は実現出来ません。

ですが、使用を重ねることで、毛を減らすことができます。

ある程度は脱毛処理をしなくてよい状態にすることは不可能ではないのです。